電子機器組立の際には静電気の防止を

電子機器組立の際に必ず行わなければいけないことがあります。

それは静電気を起こさないように対策を行うことです。電子機器は非常にデリケートなものであり、大きな電流が流れてしまうと中の部品が破損してしまうことが少なくありません。

静電気は非常に高い電圧であるため、これが電子機器の部品に流れ込んでしまうと部品を破損してしまうことが多いのです。そのため電子機器組立の際には静電気に対する対策を入念に行うことが重要です。

従来の電子機器は比較的簡単に静電気の対策が行えるものが多いのが特徴でした。そのため、しっかりとした対策を行っていればほとんど部品を破損する事はありませんでしたが、最近は部品の集積度が高い上、少ない電流で動作する部品が増えており、静電気に対して非常に弱い環境にあるものが増えています。中には素手で触っただけで簡単に壊れてしまうものもあるため、現在はほとんど人出で電子機器組立行う事はなくなっています。

近年は静電気の問題やその精密さのためにほとんどがロボットなどの機械を用いて組み立てられることが多くなっています。機械の場合には静電気を発生することがなく、また精密な組み立ても迅速に行うことができるので組み立てのスピードも非常に速くなっています。

修理や改造を行う際には人手で行うこともありますが、この際には作業を行う前にしっかりと静電気を除去し、作業中においても静電気を発生させないような注意をして作業を行うことが必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *