電子機器組立の仕事内容って具体的にどんなもの?

電子機器組立の仕事は、その名の通り電子機器を組み立てるお仕事ですが、具体的なイメージがわかないという人も多いでしょう。

私たちにとって身近な電子機器といえば、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどがあげられます。

イメージがわかないという人は、冷蔵庫などの身近なものを組み立てることをイメージしてみましょう。

冷蔵庫は最初は大きなケースの中にさまざまな部品が詰め込まれています。冷蔵庫なので、中の温度を冷たくするような装置もつけられていますが、電子機器組立の仕事をする人は専門的な部分については理解をしている必要はありません。

組立の仕事をしている人は、冷蔵庫というケースの中に部品を次々にとりつけていくという作業をすることになります。

アルバイトの人などは、本当に簡単な作業をすることもあります。例えば、電子機器にシールを貼り付けるという仕事などです。ただひたすらシールを貼り付けるという作業はやってみるとなかなか大変です。

工場にもよりますが、シールをただひたすら貼り付けるというような作業はむしろ少ないです。他の仕事もやって体を動かしたほうがトータルでは健康によいので、1つの工程でいくつかの作業をやることになっていることが多いです。

例えば、シールを貼り付ける作業、パーツを2つ取り付ける作業を1つの工程でワンセットで行うといった感じになります。電子機器組立の仕事は実際にやってみなければどのような仕事なのかわかりませんが、健康な人ならば未経験でもできるという仕事が多いです。興味がある人は積極的に応募をしてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *