知られざる制御盤の働き

制御盤にはあらゆる電気機器が詰め込まれています。

その用途は機械や生産ラインを操作や制御するためのもです。その前面には機械などを操作するためのスイッチやタッチパネルが取り付けられていることが多いです。これらボタンを操作することで機械や生産ラインを操作することができます。また内部には制御機器がまとめて納められています。何故一箇所にまとめているかとそれは制御機器を一箇所に集めて制御するためと、熱や湿気といったものから制御機器を保護する為の目的があります。

また工場というのは場所によっては異常に熱かったり、その逆で寒かったりします。そのような危険な場所に近寄らずに生産ラインを動かす為に、危険な場所から離れた安全な場所に制御盤を設置することも多いです。また制御盤自身も機械であるため経年劣化を引き起こすことあるので、メンテナンスは定期的に行う必要があります。配線系のものであれば10年毎に取り替えますがファンやクーラーは最高でも2年ずつにオーバーホールをしてあげる必要性があります。制御盤が設置されている場所は工場だけではありません。

日常生活で言えばエレベーターなどがあります。そもそも機械で電気を用いるものには制御版は欠けてはならない存在です。制御盤の役割は機械によって異なり簡単な制御から複雑な動作を要求するものまで多数あります。ただいずれにしても制御できるものがなければ機械の動作はスムーズにはいかないといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *