様々な場所で使用される制御盤

制御盤とは各種配線や生産ラインなどの、動力及び電力を制御する装置を格納したボックスのことをいいます。

格納するボックスは様々なタイプがあり、屋外用屋内用をはじめ設置環境により機能も違います。工場内外では高温になる場所や高所など、危険な箇所が多数存在します。危険な箇所には近寄らずに操作できるように、制御盤は離れた箇所に設置されているケースが多くあります。設置される場所において、ボックスの形状や大きさの種類は様々で、ほとんどがその現場の設置面積に合わせて製造されています。

屋外用の場合、製造プラントや原料ホッパーなどの制御や操作をするための装置が格納されている場合が多く、給排水装置などの設備などにも使われています。制御盤の多くは金属ボックスがほとんどですが、主観ボックスや分電盤装置などには強化樹脂製のキャビネットなども使用されています。制御盤は設置年数によりに交換が必要になり、金属製のものなど屋外で使用されるものは外部からの雨水の浸入などでの腐食状況により、定期的な部品交換や換装が必要になります。

専門性の高い装置に思われがちですが、日常生活の身近な場所にも多数使われています。商業施設や病院などのエレベーターやエスカレーターの電源や制御の管理にも使われていますし、空調やエアコンなどの制御などにも使われています。電気を使用するほとんどの場所には制御装置や制御盤が備わっています。人目に付く場所に設置されていることはありませんが、日常のシステムの中心を担っていることには間違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *