制御盤の寿命とメンテナンス

制御盤には定期的なメンテナンスが必要で、トラブルを未然に防止する役割にもなっている重要な作業です。

適切なメンテナンスを怠った場合や寿命を迎えた場合は、制御盤の内部の部品が機能しなくなるため部品交換や本体を丸ごと交換するなどの作業が必要です。丸ごと交換しようと思っても大変古い場合設計図や図面資料が存在しない場合があり、部品交換するにも古くて部品の型が存在しない場合などリプレースしたくてもできないというケースは珍しくありません。

こういった場合は制御盤をオーダーメイドで製作できる会社に頼むことで、どんなに古くても同じような規格のものを再設計してくれ急な故障も相談できます。例として考えられるのは制御盤の図面も電気回路図面もない状態で、筐体の劣化がひどく内部部品はほとんどが生産中止品といった状態です。これではいつ壊れてもおかしくなくリプレースするのも大変ですが、下見から設計をして盤製作や工事などトータルで3週間あれば対応でき工事自体は1日あれば十分に完成できます。

他にも例えば20年以上前の分電盤では当然図面関連の資料は一切存在しておらず、かなりの劣化が考えられます。このケースでは内部部品をすべて交換しなければなりませんが、制御盤の上からかなりの数の配管が入っているため工事にかなり手間がかかることが考えられます。生産設備を短期間しか止められない場合工事方法を熟考して1日で対応することを求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *