制御盤が完成するまで

制御盤を作成するために最初にする作業はCADを使って納入図面を作成することで、製作仕様を確認しながら部品表や内部機器配置図などを設計していきます。

クライアントから納入図面の承認がおりると製缶図や組み立て配線図などの製作図面を作成していきます。製缶図が出来上がったらこれをもとにして読図と展開をしていき、平板の板金状態から抜き加工や曲げ加工のプロセスを経て溶接と塗装処理を行います。板金は設計図や仕様書のデータをもとにして、盤の筐体を作成する大事なプロセスです。盤の筐体に組み立てと配線をするプロセスでは、図面から塗装完成品に金具や電子部品を取り付けて圧着加工済みの電線を配線していきます。

出来上がった制御盤はすぐに出荷するわけではなく、設計や仕様通りに組み上がっているかきちんと試験をしなければなりません。耐圧試験や動作試験など必要な各項目の試験を行い、シートでしっかり養生したあと指定された場所に出荷します。建設現場やプラント工場など現場で制御盤の設置や試運転を行い、クライアントの立ち会いのもと動作確認と総合試運転を行い引き渡しとなります。

納入後は調整作業やアフターメンテナンスを引き受け、仕様を変更して欲しいといった要望や改造を行うなど納入して完成ではありません。設計から組み立てまで行った制御盤が実際にクライアントの手元に届き、長い期間最高のパートナーになるようメンテナンスしていくことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *